君の隣に

連作の短編ものは、どこかしらのゴールにつながっているとなると面白いものです。
それをいつ気が付くのかによりますけどね。
主人公が別々だけど共通の登場人物がいてはじめて気が付きました。
でも気が付くまでは、なんだか精神的に不安定な登場人物ばかりこっちの精神がおかしくなりそうな話しでした。
好きな作家さんだけどハズレもあります。
だから今回の新刊は、ハズレの方かなぁと挫折しそうになりました。
ただ、途中からそのゴールについて予測はできたけれど、最終的なオチは全く違うものでした。
本当に最後の最後まで分からない話しだったの、面白さはあるけれど後味の悪い小説でもありました。
読み返したいか?と聞かれたら、迷うこうなくNOですね。

どうなるかわかりません

クレジットカードは一枚あればいいと思っているのでずっとそのままでした。
でも今だけ、お得な入会キャンペーンとかきくと弱いですね。
私がためているポイントを何千円分もくれるとか年会費無料とか聞くととくに。
毎月一定以上の買い物をするところでもあったのでカードをつくってみました。
世帯年収なんて知っている人なんているんですかね。
夫婦ならともかく世帯主が親の場合は年収なんて知りませんよ。
ということで適当に記入しておきました。
審査は最短で2分ってあったのに数十分たっても
「審査に時間がかかっています」
の文字が消えません。
もしかしてカード審査に落ちてしまうんでしょうか。
なんだか人としても試されているような気がしてきます。

ちょっとかわった出来事

無糖の炭酸水が好きでよく飲んでいます。
缶よりもペットボトルが多いです。
私がよく行くスーパーのペットボトル回収はポイントがたまるようになっています。
でも私はそれが面倒なのでただたんに、回収しているボックスにいれています。
そのボックスの前におばあちゃんが入れていたんです。
ポイントがつく回収ボックスを使おうとした人に
「いっぱいで入らないよ」と言っていて、その人は「今、お店の人を呼びました」と答えていました。
それならそちらに行こうとしたおばあちゃんが、私が捨てようとしたら「ちょうだい」と言ってきました。
とくに何も思わず差し上げたんです。
お店から帰るときにまだ入れてたのが不思議でよく見たら捨てられたのを拾って自分のポイントにしてたみたい。
がめついというかたくましいですね・・・。

新学期に期待しちゃうことランキングだってさ。
新学期に期待…。
私には全くないことでしたね。
新学期なんてこなけりゃいいのによおっ!!って感じで腐ってましたよ。
ランキングを見たら、みなさん凄いポジティブですねぇー。
そんないいことがあるわけないじゃん。←暗い発想(笑)
一緒にいる友達が出来るかどうか大問題ですよ。
春休み中から気が滅入るっつーの。
小学生の頃は2年間は同じクラスだったし、クラス数が少なかったからそんなに気にしなかったかもしれないな。
問題は中学だよ。
もう昔の事すぎて覚えていないけど春休み中に次のクラスが分かったんだよね。
で。
春休み中に「同じクラスだから一緒にいよう」みたいなことを…友達に電話で告白しました。
もちろん同性に。
あの時はターゲット←笑)が一人しかいなくて追いつめられてたんだよ。
未だに彼女にはあの時のことを笑われます…。

価値観の相違

一緒に暮らしていくなかで、『どこにお金を使うか』という価値観が同じじゃないと喧嘩が絶えないだろうなと思います。
年収も多い家庭ならともかく一般庶民程度の収入しかない場合は、どこかにしわよせがいくものです。
そんなところにお金をかけるくらいなら、こっちに使った方が良い。
という意見は誰にでもあると思うんです。
同じ財布で暮らしていくのであればなおさらです。
価値観が同じという人と出会うのは難しいと思いませんか?
好ましいところがあってお近づきになって一緒に暮らしてみても、一部分だけ合わないとかはよくあると思います。
そこがお互いに妥協できなかったとしても、気に入らないけどしかたないからあきらめるという気持ちがなければ離別しかありません

時間がたってから「あのときに、違う風に言えばよかった」と思うことってありません?
そのときは言えない雰囲気だったり、他の急ぎの用事があったりしたけれどあとあとになってから自分の正当な言い分があった!と気が付いたり・・・。
あとから「あのときは・・・」なんて言える内容でもなかったりすると、悔しいです。
でもこれを自分のなかでこねくり回してためこんでいても良いことなんてないんですよね。
すぎてしまったことは忘れるべきだし、次に同じようなことがあったら今度は同じようなことにならないようにする!くらいがちょうどいいですよね。
楽天的な人になるのは難しいけど、自分の気持ちを切り替えることは自分にしかできません

人生相談とか読むのが結構好きです。
相談者の女性がふられてしまった男性に一回だけでいいので性交渉をしたいとお願いするのは良くないことなのか?というのがありました。
質問に答える男性は、「最後だから」という言葉を信用しない人でありたいと言っていました。
その方は彼女じゃない人に言い寄られたことが何度かあり、本心ではしたいけれど断ったんだとか。
パチンコ依存症の友達がいたことを例にあげて、パチンコに使うと分かってお金は貸さない。
相手が付き合いたいと思っていて、自分がそうでないならしないなど。
この方の質問者さんに対する回答がいつも素晴らしく、またこの人の人間性も信用できるものだといつも感心してしまいます。
したいけど断腸の思いで断るとか本心もありますしね。

意味不明で気になる

人は簡単に他人のことを嫌いになると思いませんか?
その逆もあって好きじゃなかったのに見直したりして好意を寄せるようになったり・・・。
応援しているサッカーチームの試合をテレビで見ていました。
とある選手がシュートをして決めたときにポーズをしたんです。
あの人、前も決めたときに同じことをしていたのでいつものことのようです。
ただそのポーズがなんだか気持ちが悪いなって私は思うのです。
恋人とか奥さんに向けて薬指にキスして手を上げるとかってあるじゃないですか。
あれは微笑ましいし家族円満な感じがして好きですよ。
でも今日見た人のしぐさは意味不明だしナルシストみたいに感じてしまったんです。
なんなの、あれって言いたくなっちゃいます。
何か深い理由があるのかと思って検索しましたが不明でした。

一日どれくらいか?

腎臓で出来る尿のもとは一日どれくらいだと思いますか?
Aポリタンクひとつの約20リットル
B熱帯魚用の水槽1リットル
Cお風呂いっぱい180リットル
正解はCの180リットルです。
腎臓で作られる尿のもとである原尿は180リットルも作っています。
最終的には1.5リットルが一日に尿として排出されています。
以前、一日かけてトイレを改装したことがありました。
午前中は出かけていましたが予定が伸びて夜までかかりました。
そのときにトイレに行けずに我慢したことを思い出しました。
体の中にためたままにするのに限度があるはずですよね。
そして我慢をしてしまうとそのときに苦しいのはもちろんですけど、あとあと困ったことにもなるのです。
健康に生きていくには体の仕組みをしることも大切ですよね。

ゲームに挑戦して11%引きクーポンプレゼント。
これをクリックしてみました。
3つの内選ぶようになっていてクリックしたら無反応。
よく読んだら何回でも出来る、と。
その隣のものをクリックしたら、【ご当選おめでとうございます】
何回でも出来るという誰でももらえるものだったわけですね。
まあ、こういうパターンもあるかなと思ってまたよくよく読んでみたら、商品は限定されているし600円以上買った場合のみ有効とのこと。
お菓子を600円分買うこともなかなかないし、そもそもここで購入しなくてもそのへんのスーパーの安売りでもっと安く購入することができます。
11%引きがお得だと思って購入する人は多いのでしょうか…。
広告とか企画とかがまじっているみたいですけどイマイチ理解できません。