一日どれくらいか?

腎臓で出来る尿のもとは一日どれくらいだと思いますか?
Aポリタンクひとつの約20リットル
B熱帯魚用の水槽1リットル
Cお風呂いっぱい180リットル
正解はCの180リットルです。
腎臓で作られる尿のもとである原尿は180リットルも作っています。
最終的には1.5リットルが一日に尿として排出されています。
以前、一日かけてトイレを改装したことがありました。
午前中は出かけていましたが予定が伸びて夜までかかりました。
そのときにトイレに行けずに我慢したことを思い出しました。
体の中にためたままにするのに限度があるはずですよね。
そして我慢をしてしまうとそのときに苦しいのはもちろんですけど、あとあと困ったことにもなるのです。
健康に生きていくには体の仕組みをしることも大切ですよね。

ゲームに挑戦して11%引きクーポンプレゼント。
これをクリックしてみました。
3つの内選ぶようになっていてクリックしたら無反応。
よく読んだら何回でも出来る、と。
その隣のものをクリックしたら、【ご当選おめでとうございます】
何回でも出来るという誰でももらえるものだったわけですね。
まあ、こういうパターンもあるかなと思ってまたよくよく読んでみたら、商品は限定されているし600円以上買った場合のみ有効とのこと。
お菓子を600円分買うこともなかなかないし、そもそもここで購入しなくてもそのへんのスーパーの安売りでもっと安く購入することができます。
11%引きがお得だと思って購入する人は多いのでしょうか…。
広告とか企画とかがまじっているみたいですけどイマイチ理解できません。

薬剤師さんの仕事を終えた後の時間

旦那は調剤薬局で働く薬剤師。
毎日、おもしろい。
旦那の職場の薬剤師さんは個性的な方が多く、特に仕事を終えた後の皆さんの趣味が
それぞれ個性的で、旦那の話が面白い。
若い薬剤師さんが旦那の職場では大半を占めるんですが
女性の薬剤師さんは、エステに行く方が多い。
美容、美肌系のリンパマッサージのエステ、はまっている薬剤師さんが2名ほどいるそう。
これから、エステ行くんです~って普通に言うらしいですよ。
にきびの赤いシミが気になるので私達エステに通っているんですと旦那に言うらしくて。
薬剤師さんって美を求めて努力しているのね。
他の薬剤師さんは、ヨガにはまって、習っている方もいるそうです。
ストレッチや呼吸法。
健康的で、何だか美しさをやはり求めているのね。ヨガは私も興味があります。

あと、必ず、飲みに出かける薬剤師さんもいるそうです。
お酒が好きで独身男性。
一人で自宅で食事っていう日がほとんどないそうです。
健康に悪そう。
薬剤師なのに、不健康で薬のお世話になるんじゃないの?将来体大丈夫?と心配です。
皆さん個性的で面白い方が多いですね。
うちの旦那は、その中では平凡な分類に入るかも。
面白くない。
変わった趣味でもあればこっちも楽しいのに。

そういえば、来月、中途採用で新しい薬剤師さんが1人入るらしい
ちなみにその薬剤師さん、前は病院に勤めていたらしく、病院から調剤薬局に転職というのは少し珍しいパターン。
(逆を希望する人の方が多いらしい)
その人の趣味も楽しみだな。プレッシャーかな?(笑)

いつも優しい笑顔の薬剤師さん

今日はだいぶよくなりました。

ひどい風邪を引き、咳が長引いてます。

百日咳かと思うくらい、しつこい咳とのどの痛みが治らず、

病院に何度も通院。

薬剤師さんにも長引いていますね、お大事に。

と、マスクをくれたり、とても回りを気にする優しい薬剤師さん。

この人が一人いるだけで、薬局の雰囲気ががらりとかわると思います。

私がよく行く薬局はイオンの中にある調剤薬局です。

他の薬剤師さんは、おじ様風の薬剤師さんと、おば様風の薬剤師さま。

美人でスタイル抜群の薬剤師さん。

お年寄りに人気者です。

咳が本当にしつこい。

マスクを離されません。

こんなに咳が出ると、肺炎の検査などたくさんされてしまいますが、

検査の結果は普通の風邪で、気管支がちょっと炎症を起こしているとの事です。

ウガイも効果なし。

じっとしているのが一番。

早く深呼吸をゆっくり出来るようになりたいです。

あと小走り位は軽やかにしてみたい。

自宅で、ドラマや映画を楽しんだり、後はそうめんやのど越しのいい物を食べて、

ビタミン補給です。

仕方ないです。

こんなときはおとなしく手芸でも楽しもうかな。

最近レース網にはまっています。

黙々と自宅でおとなしくマスクしながらやります。

不気味な人に見えるかも知れないけど、誰もいないからまあいっか。

そういえばそのよく行くイオンにある薬局に新たな薬剤師さんがいた。

まじめ系の女の子だった。

まぁザ薬剤師って感じの子(笑)

お疲れ度チェック

お疲れ度チェックなるものをしてみました。
でもこういうのって質問とその答えを見て、こう答えるとこなりそうだなとうっすらでも予想しちゃいませんか?(笑)
とりあえずやってみましたよ。
今、お店でオーダーするのなら定番のメニューか食べたことがないメニューのどちらを選ぶか。
私は定番メニューですね。
そもそも外食をあまりしないので美味しいとわかっているものを選びます。
あなたが今、聞きたい曲はスローテンポの曲ととアップテンポのものどちらか?
スローテンポですね。
将来に対する気持ちは、どうにかなる、前途多難のどちらか?
前途多難以外ないです…。
朝目が覚めたとき、もう朝か…と思うか、がんばろうと思うか。
もう朝か!です。
お疲れ度は30%でした…。

本人しか分からないでしょうけれど

某有名アーティストの麻薬で捕まった件
とくにファンということもないのですが、報道されれば耳にします。
ただの薬物依存だけじゃなく、愛人と一緒の逮捕など奥さんだったら離婚しかないと思いました。
しかし早い段階で奥さんは今後も支えると表明しています。
「どう思っているのか」
「大事な存在だと思っています」
「大事な存在で、好きな人?」 「はい」
「これからどうするのか」
と聞かれたのに「今話すことは無理」
ここで心象をよくするために嘘をつかないことが、正直者で良い事ととるか酷い人ととるか。
正直でいれば良いということもないと思います。
情状酌量を求めている奥さんはそれでも支える気なんでしょうかね。
夫婦はどんなものだと言えないのは人によるからです。
自分ならとあてはめてみればこんな旦那を支えることは無理ですね。

子供の我が儘を叶えるのがいいことなのか?

親にとって子供は可愛いものだということはわかります。
でも可愛いからといって子供の願いをなんでも叶えるのは親の愛情とは違うと思いますよ。
7歳の娘に「王女様になりたい」と言われた父親がとった行動は、まずは自分が国王になることでした。
アフリカの砂漠地帯にどこの国にも属していないところがあるそうで、そこを自分の王国にすると旗をたてました。
過去にも同じようなことをした人がいてももちろん認められることはなかったそうです。
父親もそれはわかっていることでしょう。
それでも娘のためにここまでやったというのが必要なんでしょうかね。
ハリウッドスターが自分の子供を着飾らせたりして大金をかけるのとは違うけれど、子供の未来に対していいことだとは思えません。

まぎらわしいこと

坂木司さんは作家さんの中でも好きな作品が多いです。
今日読んだのは「僕と先生」です。
あらすじを読んだら、前に読んだ本の続編だとわかりました。
でもでも、なんでタイトルは一緒なんだろうかと。
読んでいる途中で気が付きました。
前に出たのは「先生と僕」で今回の本は「僕と先生」でした。
わかりにくいわ!!(ツッコミ)
とても好きな作家さんですけど、これは読者としては混乱しますよ。
シリーズ化したのなら本の表紙にもそのことを記載して欲しいです。
まあ、そんなことがありましたが作品はいつも通りとても面白かったです。
大学生の双葉が中学生の隼人の家庭教師をしています。
単純に「先生」が双葉、生徒の隼人が「僕」ではありません。
ミステリ好きの隼人が双葉にミステリ指南もするし、あとは日常の事件を解く探偵役でもあるんです!

選ばれしものしかできない

サッカーの試合を見ているとよく足だけでコントロールが出来るもんだなぁと試合とは関係なしに考えてしまいます。
だって足でボールを蹴りながら前に進むわけですよ。
普通にしているのではなく敵のディフェンスがくっついてきて簡単にはゴール近くには行けません。
あとは飛んできたボールをトラップして前を向く力というやつですね。
日本代表の男子でこれがうまいとされている選手はそこから得点につなげている印象です。
女子も上手い人は上手いけど、そうでもない人はやはりボールを受けてからの精度が違うような気がします。
なんて偉そうなことを言ってますけど、サッカーをしている人はすごいなとは思っていますよ。
ずっと走りっぱなしでもボールを追いかけている人はステキです。

子供達に必要なこと

従来通りの内科検診では子供達に疾患があったときに発見できないことがあります。
筋肉、骨、関節などの運動器の障害により歩行などの移動機能が低下してしまうことがあります。
学校医のほとんどが内科医か小児科医で整形外科や専門的なことはわからないからです。
限られた時間で内科的な健診以外のものを診るのは難しい。
そこで健康スポーツナースという職業の人がいます。
あとは家庭で両親に診てもらうという取り組みがあります。
事前チェックをすると親が子供の状態を知ることが出来ます。
スポーツが得意な子でも、しゃがめないなどがわかります。
家庭でチェックすることによって親とのコミュニケーションも取れますし、なにかある子供だけ検診を受けることが出来る。
食生活の変化、外遊び、運動遊びが足りない。