はじめまして!

栄養士になるのは高校生のときからの夢でした。 もっと子供の頃は何になりたいかを聞かれたら、「食べ物屋さん」と答えていました。 それから「ケーキ屋さん」になったり「パン屋さん」になったりしました。 基本的には食べることに関して興味があったわけです。 現実的なことを考えたときに直接料理をつくるよりも、もっと深いところへと目がいくようになりました。 もちろん料理人さんを卑下したつもりはありません。 私には向いていないと思ったんです。 そこで導き出したのが栄養士でした。 そして今は薬剤師です。 いきなり飛びました。(笑) 「食べ物屋さん」から数えると結構長いあいだそちらの仕事に執着していたのにあっさり方向転換です。 あっさりでも大変でしたけどね。