子供達に必要なこと

従来通りの内科検診では子供達に疾患があったときに発見できないことがあります。
筋肉、骨、関節などの運動器の障害により歩行などの移動機能が低下してしまうことがあります。
学校医のほとんどが内科医か小児科医で整形外科や専門的なことはわからないからです。
限られた時間で内科的な健診以外のものを診るのは難しい。
そこで健康スポーツナースという職業の人がいます。
あとは家庭で両親に診てもらうという取り組みがあります。
事前チェックをすると親が子供の状態を知ることが出来ます。
スポーツが得意な子でも、しゃがめないなどがわかります。
家庭でチェックすることによって親とのコミュニケーションも取れますし、なにかある子供だけ検診を受けることが出来る。
食生活の変化、外遊び、運動遊びが足りない。