まぎらわしいこと

坂木司さんは作家さんの中でも好きな作品が多いです。
今日読んだのは「僕と先生」です。
あらすじを読んだら、前に読んだ本の続編だとわかりました。
でもでも、なんでタイトルは一緒なんだろうかと。
読んでいる途中で気が付きました。
前に出たのは「先生と僕」で今回の本は「僕と先生」でした。
わかりにくいわ!!(ツッコミ)
とても好きな作家さんですけど、これは読者としては混乱しますよ。
シリーズ化したのなら本の表紙にもそのことを記載して欲しいです。
まあ、そんなことがありましたが作品はいつも通りとても面白かったです。
大学生の双葉が中学生の隼人の家庭教師をしています。
単純に「先生」が双葉、生徒の隼人が「僕」ではありません。
ミステリ好きの隼人が双葉にミステリ指南もするし、あとは日常の事件を解く探偵役でもあるんです!