笑顔になることでがんの治療

人が笑顔になることでがんの治療に有効的!
大阪がんセンターが全国ではじめてとなる研究結果を発表しました。
吉本興業の協力のもとで漫才や落語を見たがん患者の様子を調べたそうです。
血液検査の結果を見たところ、落語や漫才を見た患者は免疫細胞が増加したり認知機能が改善が見られたほかに痛みの感覚も和らいだということがわかりました。
がんを完全に治すかはわからないが可能性を残した、という結果です。
笑うことが体の中から幸せをつれてくるって素敵なことですね。
アニマルセラピーもありますが、医学では解明できないものでよい方向に変化するものってあるんだと思います。
無表情でつまらなそうな表情よりも、いつもニコニコしている人の方が好かれるだけではなく周りにも良い影響がありますからね!