食べられる給水ボトル

ロンドンマラソンで食べられる給水ボトルが配られたそうです。
スポーツドリンクが入っていて、袋ごと水分補給が出来ます。
食べずに廃棄したとしても6週間で自然にかえります。
プラスチックを減らすために地元の企業が3万個を配ったんだとか。
水風船みたいな見た目で、配る人は医療用っぽい手袋をしていましたね。
走るのは嫌いだからランナーの気持ちはわかりませんけどどうなんですかね。
口の中で噛めばかんたにやぶれるみたいだけど、走っているときに喉につまらないのかなと思ってしまいました。
ただ、ランナーのあとに捨てられているカップなどを見たらこの手のものは必要かなとも思います。
記録が求められるランナー以外の、市民が参加するマラソンならありだと思いました。