取材する必要なんてない

マスコミの取材というのは、世の中の興味があるというネタを必ず追わないといけないんでしょうかね。
もうさ、追いかけなくていいんじゃないのって思うことが多々あります。
追われている人達が可哀そうという事でもなく、もうそんな人達は放っておけばいいのにって。
そこまで加熱して取材する必要なんてないし、そういう取材体制が気持ちが悪い。
現在日本で一番話題になっている人達の事も、もうなんの話題も聞きたくないからやめてほしいです。
まあ、そんなことをいいつつ何かしらの動きがあるとネットニュースとかをクリックして読んじゃうんですけどね!
過熱報道で自分たちが被害者だって顔をされたくないし、海外から日本が批判されているなんてのも耐えられないです。

デスクワークとO脚

デスクワークとO脚
ひざ痛は人によって千差万別です。
座り仕事の人でも膝の痛みが出る場合があるってご存知ですか?
猫背ぎみに座っていると股関節が開いて膝に負担がかかってしまいます。
このときのO脚の場合だったり座ったりすると負担が倍増してしまいます。
座ったまま出来る正座ストレッチ
しっかり膝を曲げる
正座できない人は折りたたんだバスタオルや座布団を膝の裏に挟んでおくと簡単に出来ます。
朝晩2回ほどすると関節液を循環させる。
痛いと人はかばう動きをしてしまって、そのまま動かなくなってしまうということが起きてしまいます。
動かなくなるってさらっと書いていますけど、これからの人生にかなり制限が付けられてしまいますから避けたいですね。

心底後悔

親切にしたつもりだったのに、相手からはなんの反応もなくて心底後悔しています。
某フリマアプリで洋服を購入しました。
夏に向けて、シフォンのシャツだったんでけど袖口が1.5センチくらい破れていたんですよ。
おそらくボタンを外さないで着脱したんだろうなって場所です。
まあ、目立たないしいいかなと思いました。
私はパソコンから利用しているせか相手の評価内容が見られません。
でも調べたらアプリ利用の人は見ることが出来るみたい。
だから、他の人にこの不備が見られないように、出品者しか見えないようにして報告したんです。
返品はしないし、評価も良いでつけますと。
普通はそこまでしたら謝罪があるものだと思っていたのに、何もなしで二重に嫌な気持ちになりました。

カインの傲慢

犬養隼人シリーズ5弾【カインの傲慢】を読みました。
犬養さんの話しはもう読むのをやめようかなとはじめて思ってしまった最後でした。
作者の中山さんはいつも面白い話しを届けてくれますが、犬養さんが少女の命を奪ったみたいな終わり方にするのはつらすぎました。
もし自分の子供なら、選択肢は違ったかもしれません。
彼の子も同じ状態ですから余計にひとごとではないでしょう。
刑事としての仕事をして悪事を働いた人間を捕まえたら、結果として少女が死ぬことになる。
それは犬養さんのせいではないのに、親の立場でもある彼には重すぎます。
その事実を告げた犯罪者も憎い。
おそらく今後は犬養さんの娘さんの生死に関わるようなことも出てくるでしょう。
辛い話しはあまり読みたくないです。

詳細を聞くに聞けない

社会人なんだからいきなり退職するようなことは止めて欲しいです。
数日前にメールで送付されていたメンバーの中にいたのに、何故かいなくなっている人がいました。
それをみつけて、「何故か消えちゃっていますね」なんて軽口をたたいていたら実は退職したということでした。
え。普通は有給を消化するものだし、引継ぎだってあるだろうし・・・。
その部署は何年も上にいた人が関西に移動になって、上につく人が替わったところでした。
その人の仕事が急激に増えているし、とても大変な印象です。
同じような位置にいた人の方が退職するとは・・・。
それともその片方の昇進で何かがかわったとかですかね。
詳細を聞くに聞けないのでわからないことだらけでした。

AI婚活はだいじょうぶ?

AI婚活というのを導入しようとしている行政があるそうです。
自分の希望と違う人を紹介されても、直接会ってみたら意気投合ということがあるようなので結構いい案じゃないかなと思います。
でも海外ドラマとか見ている私としては、ハッカーが好きな女性の情報を手に入れてマッチングさたりできるんじゃないかなぁとか考えてしまいました。
日本ではハッカーって言葉にピンとはきませんけどね。
お金をつんでハッカーに依頼する人だっているでしょう。
とにかく会ってみないと先には進めないので、そこを熱望する気持ちはわかりますよ。
結婚の条件とか、自分の好みとかで凝り固まっていたとしたら良縁なんてなかなかつかめないでしょうしね。
少子化問題もこれで解決に向かうかも?

コロナ怠慢罪

コロナ怠慢罪は最高で死刑となるそうです。
もちろん作ったのはあの国です。
対策を行った幹部を新設などなど。
自国の防疫対策の脆弱化を認めるようなものですがそこらへんは気にしないのでしょうか。
非正規ルートの国境に地雷を埋めているとか、本当に何十年前の国家なんだろうかと本当に疑問だらけの国です。
国の長が独裁者だと国民の将来は不安しかないでしょう。
生まれる国は選べない。
日本のどうしようもないところやマイナスなところだってたくさんありますが、やはり生きていく上ので自由度は必要です。
海外の国のこととしてニュースで知るだけの立場と、国民として聞くのとはわけが違います。
閉鎖的で謎だらけの国ですが、可哀そうだなと思ってしまいます。

嫌な思いほど忘れない

今まで生きてきた中で一番ゴキブリと触れ合ってしまいました。
少々肌寒くなりましたが、お風呂上りで裸足でいたんですよ。
そしたら、右足の小指上りに何かの感触が。
ビックリして足をどけたら、ゴキブリが!!!!
私に触れやがったんですよ!!!あいつが!!
すぐ近くに害虫スプレーがあったのでかけてやりました。
でも逃げそうだったので、咄嗟にそのスプレーで叩いてしまいました。
足がもげても動き回るので二回くらい殴打しましたがまだ動いている。
ティッシュを大量にとってそっとつかんでゴミ袋へいれました。
急いで足をふき、あいつがいたところをふき、もげた足を回収して捨てました。
ゴミ袋をぎゅっと絞ったけど、中でカサカサカサカサと音がして気持ちが悪いので自分の部屋の外に出しました。

バディものが流行

何やらテレビドラマの世界ではバディものが流行っているようですね。
先日読んだ警察もの小説にも、2人の男性が出てきていました。
同期の2人ですが、片方は推理力はあるけど自分勝手なことをする、片方は父親も警察官だし優等生的な人。
ありがちな、対照的な2人というやつですね。
でも内容としては終了までに一転二転するところなんかはおもしろかったですよ。
なんだかコレも映像化されそうな話しだなぁという印象です。
ただ、一冊しかない小説を連続ドラマにするとオリジナルなネタが多くなるので少々気になってしまいますね。
映像化する場合は原作は知らない方が良いというのが私の考えです。
ドラマは見ないけどあらすじだけ追っちゃうかもしれませんね。(笑)

ステイホーム。

ステイホーム。
この合言葉でいろいろなものがネットにあふれています。
アーティストさんは期間限定でアップしてくれているライブ映像とかも見ています。
やっぱりライブ映像の良さがあるので面白いです。
ただ、お客さんに向かって一緒に歌おうとかっていうのは苦手です。
ライブだから一体感が大切で、それもまたひとつの楽しみなのかもしれません。
でも長い歌詞とか普通に歌いにくいのを歌えって言われてもね・・・・
見ているこっちとしては、お客さんがアーティストの要望通りに歌えるのか心配になってしまいました。
生で見てみたい体感したいと思うアーティストはいますが、やっぱりライブは苦手かな。
お客さんであわせるフリとかも苦手なので無理です。