栄養失調で太る

体は汗をかいて蒸発して温度を下げています。
夏バテしないように、いろんなものを食べる傾向にある。
汗をかいているから大丈夫と思って食べ過ぎていては太るだけです。
冷やし中華や麺類など手軽に食べられるもので済ませていても、炭水化物はきっちりとっている状態です。
しかし炭水化物を燃焼させるための栄養素が不足していることがあります。
そうなると体内で消化できるずに体がだるくなったり寝不足になってりして体調不良が続いてしまいます。
森林浴、滝の音を聞くと良い=フィトンチッド。
リラックス作用でNK細胞が活性化して免疫力が上がる。
水シャワーを浴びれば内臓が温めようと体が勝手にしてくれる。
だから水シャワーは有効的なんだそうです。

女性薬剤師とは?最適な転職の時期は?

昨今、多くの女性が、社会的にも認められ、女性社会という言葉も存在するように、社会的な女性の立場も高まっているように思えます。 そんな中、医師、弁護士というような社会的地位の高い職業等にも女性がどんどん増えておりますから、それはまた、薬剤師も同様に、女性薬剤師も年々増えています。

そんな、女性薬剤師の中には、元々、医師の家庭に育ち、両親ともに、わが子も医師になると信じていた時、やはり自分なりの道を、という事で、薬剤師の道を 選んだという薬剤師さんがおられますが、この薬剤師さんの体験をご紹介すると、様々な経緯を経て、薬剤師の道をようやく獲得できましたが、元々、この女性 は、大学にいる頃から卒業後の進路は、製薬会社により研究職と考えており、卒業、国家試験を受験、合格を果たし、製薬会社への就職を目的として、幾つかの 製薬会社に面接を試みたものの、すべての製薬会社で不採用という事になってしまったそうです。

要するに、医師家族に育つこの現在薬剤師として働く女性の挫折は、この時初めて味わったという事です。 女性という事による、何らかの問題で、すべての製薬会社の採用が決まらなかったのかは、当然、知るすべもありませんが、現在、その女性は、薬剤師として、製薬会社に勤務しておりますが、念願の研究職ではなく、医薬情報担当者というポジションにおいての活躍となります。

もともと、製薬会社の研究職というものは、薬剤師がなりたいと考え、すべての方がなれるポジションではなく、博士号等を取得した方々が、そうした方向に進まれるという事から、いきなり新卒、研究職は、やはり壁が高かったという事もいえます。 女性薬剤師とは、時として、なりたい仕事に就けない、つきたいポジションに就けない、という事は、考えられますが、それは、女性、男性に関係なく、同様で、研究職を目指すには、それなりの能力が必要である事は確かなようです。

昨今、女性薬剤師も、様々な分野での活躍が目立ちますが、今回紹介する女性薬剤師は、今後は、病院勤務野薬剤師としての経験を積みたいと考えているようです。 医薬分業により、薬剤師の活躍は、幅広くなったと言えますが、女性薬剤師、男性役愛氏に限らず、今後の薬剤師に求められる重要なものとは、コミュニケーション能力の高さにあり、尚且つ医療人としての考え方が必要であると言われています。

医療人としての認知度が、まだまだ高いとは言えない薬剤師ですが、今後は、医師や看護師同様に、医療人としての地位を確立されていく事と思います。

そういえば話は変わるんですが薬剤師でもふつうの会社員でも転職の時期って難しいなあと思いました。今とある第二新卒君から相談を受けているんですが上司にいつ言うかとか本当に辞められるのかとか結構難しいと思うんです。女性薬剤師の皆さんはどう思いますかね・・・