君の隣に

連作の短編ものは、どこかしらのゴールにつながっているとなると面白いものです。
それをいつ気が付くのかによりますけどね。
主人公が別々だけど共通の登場人物がいてはじめて気が付きました。
でも気が付くまでは、なんだか精神的に不安定な登場人物ばかりこっちの精神がおかしくなりそうな話しでした。
好きな作家さんだけどハズレもあります。
だから今回の新刊は、ハズレの方かなぁと挫折しそうになりました。
ただ、途中からそのゴールについて予測はできたけれど、最終的なオチは全く違うものでした。
本当に最後の最後まで分からない話しだったの、面白さはあるけれど後味の悪い小説でもありました。
読み返したいか?と聞かれたら、迷うこうなくNOですね。