気なく使っている言葉の由来

普段何気なく使っている言葉の由来って案外知らないことが多いですよね。
めどが立つの、「めど」とは何か?
めどの漢字は「目処」ですが、これは当て字なんだそうです。
元々は「筮萩」(メドハギ)からきています。
細長い箒のような植物で普通の萩ではなく、茎がまっすぐに伸びています。
占いの道具として筮竹に使っていました。
あの細長い棒がたくさんあるものでどうやって占いをするのか心底不思議です。(笑)
しかもあれは竹串みたいなものかと思っていたんですよ。
あんなまっすぐの植物がいるなんてなんだか不思議です。
日本には道端によくみられる雑草とのことですが、私は見たことがありません。
目当てや目標から「目処」の当て字がきたという説があります。