カインの傲慢

犬養隼人シリーズ5弾【カインの傲慢】を読みました。
犬養さんの話しはもう読むのをやめようかなとはじめて思ってしまった最後でした。
作者の中山さんはいつも面白い話しを届けてくれますが、犬養さんが少女の命を奪ったみたいな終わり方にするのはつらすぎました。
もし自分の子供なら、選択肢は違ったかもしれません。
彼の子も同じ状態ですから余計にひとごとではないでしょう。
刑事としての仕事をして悪事を働いた人間を捕まえたら、結果として少女が死ぬことになる。
それは犬養さんのせいではないのに、親の立場でもある彼には重すぎます。
その事実を告げた犯罪者も憎い。
おそらく今後は犬養さんの娘さんの生死に関わるようなことも出てくるでしょう。
辛い話しはあまり読みたくないです。

コメントは受け付けていません。